就職の目的

一般的に学校を卒業すると企業に就職をしますが、では就職の目的とは何でしょう。
近頃は就職すること自体に疑問を抱く人の方が少なく、周囲の人との横並び意識により、学校を卒業すると就職するものなのだ、といった先入観を持っているのではないでしょうか。
決して、卒業したら就職することが間違いであるわけではありません。
しかしそれぞれの人が意識を明確にして行動しているかどうかについては、疑問視されるとことです。


それでは、原点に戻って就職の目的を考えてみましょう。
まず考えられるのは食べるために働くということです。
これはやや直接的ではありますが生活のために働くということです。
いろいろと勉強している人の中には、就職は自己実現のためといった目的の人もいるでしょう。
逆に単純にかっこよく見せたいために就職するといった意識の人もいるでしょう。
やりたいことをするためといった人もいるでしょう。


しかし、実際にやりたいことを仕事にできる人というのは、全体からするとかなり少ない割合になります。
就職したからといって、必ずしも自分のやりたいことができるかというと、なかなかうまくいかない方が圧倒的に多いのが現実です。
就職のいずれの目的に関しても、その根底には生活というものがあります。


働かずして生活していくことはできず、基本的な生活を安定的に送るために就職する、これが第一の目的といえるのではないでしょうか。
その上で、自己実現といったより高度な目的に移っていくということができるのではないでしょうか。


[管理人推奨リンク]
地元での就職活動を支援する求人サイトです >>> 就職 求人

Copyright © 2014 就職の意義 All Rights Reserved.